新着記事
芸能広場】 【うわさ】 【ranking

2006年11月09日

KAT-TUN赤西は今何をしている?転校先では…

KAT‐TUN赤西仁コンプリートお宝フォトファイル―Shine
語学留学を理由に芸能活動を休止した人気グループ「KAT−TUN」の赤西仁。休止会見から2週間あまり、どこでどうしているだろうか。



[PR]IMAGE

米ロサンゼルス在住のライター、坂上夏子氏が近況を明かす。
「10月下旬に、ロサンゼルスにやってきて、語学学校に留学しました。ただ、この学校があまりに日本人が多いため驚いて、今は他校に移ったようです」

赤西が最初に門を叩いたのは、ロサンゼルスにいくつか教室を持つ大規模の語学学校。コリアンタウンに近い10階建てのオフィスビルの中にある教室に通っていたという。

「学生数が約500人で、うち39%が日本人です。午後12時45分の授業終了のころに訪れてみると、日本人学生がドッと出てきて、これでは、日本で有名チェーンの英会話スクールに通うのと、大差はないな、と感じました」(坂上氏)

学生も同世代の男女が多く、当然、赤西の顔や名前はすぐに広まった。現地の学生が書き込むインターネットのサイト上でも、「きょう赤西がうちの教室にやって来た!」といったコメントや、「赤西君の詳しい情報を教えてくれたら1000ドルあげる、と声をかけられた」など、はしゃいだ様子が伝わってくる。

「それでも、赤西君は正規の授業の後に、セミプライベート的な授業を取るなど、懸命に語学を習得しようと努力したようです。何人かの学生に話を聞きましたが、『そっとしてあげて』という声も聞かれました」(坂上氏)

しかし、周囲の騒々しさに、とても望んでいた語学留学ができる環境ではない、と判断したようで、間もなく新しい学校へ“転校”したようだ。

ロス在住の留学コーディネーターが語る。
「赤西さんに限らず、日本人の留学生は、安全で、日本人が多い地区の学校を選びたがる傾向がある。赤西さんが通ったコリアンタウン周辺には、同様の学校が6校ほどあるんです。でも、本当にネイティブな語学力をつけたいなら、日本人が少なく、しっかりした学校がある中都市の方が、おすすめですね」
(zakzak)

アメリカの学校は転校自体は日本に比べて盛んで、最初に入った学校から卒業するまでに何度か転校するのは特段珍しいことではない。環境が合わずに転校するのは勉強に前向きな姿勢の表れだと思いたい。マイナスイメージばかりが先行しているものの、本人にとってこの転校は間違いなく将来に繋がるはずだ。
⇒芸能ランキング次の“月9”は速水もこみち主演!相手は竹内結子?
⇒芸能ランキング青田典子 暴露エッセイが大人気!衝撃過去を大胆告白「不倫相手のアソコに…」
芸能界の裏情報・スクープは芸能界のう・わ・さ!!に注目!
posted by ai at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャニーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。